眩しい世界をもう一度愛したい

 メンヘラが発症してから何年経っただろう。数えるのも面倒くさいくらい歳をとった。自傷、恋愛依存は治って自殺未遂で救急搬送されることも減ったが、睡眠障害双極性障害は治らない。

 高校、大学時代は病みながらもそれなりに友達がいたのだが、健常者の友達に辛いときに辛いと言えない。私がパニック発作起こしながらへろへろで学校に到着すると、友達はずっと昨日の飲み会の話をしている。病気で出来ないことをクズキャラのふりをしてヘラヘラしてしまう。それが一種のトラウマになり、大学を中退してからは健常者の友達と一切会わなくなった。無職だったので合わせる顔もなかった。

 必然的に会うのはツイッターのメンヘラだけ。お薬パーティーをしてお酒とブロンを一気しながらみんなでスニッフ、脱法ハーブのお店でハーブを買ってから満喫でキメる。ろくなことをしなかった。辛いからってやっていいことと悪いことがあるんだよ!と当時の自分に言いたい。

 メンヘラ芸でフォロワーが増えていった私はアルファの人たちとも関わるようになる。結論、アルファはたいていやばい。ゴキブリで家を崩壊させるのはまだかわいい方で、法を犯しちゃうとやばい。実際私のツイッターで出会った彼氏は覚せい剤所持で逮捕された。そんな世界にいたのでますます一般人と会えなくなる。だって話題が警察、自殺、逮捕、閉鎖病棟入院、そんなことしか話せない。しかも無職だし(二回目)。

 そんな中で私の人間関係構築を変えたのは、無職メンヘラヤク中ギャンブル依存借金癖の彼氏だった。穏やかに付き合っていたものの別れ際が最悪だった。簡単に言うとママと喧嘩したから自殺する!死亡保険でお金返す!みたいなかんじだった。まず自殺で生命保険は降りない。そんなことも知らないの!?とドン引いた。そして元カレが本当に自殺したことがある私としては、自殺を仄めかす発言はトラウマが蘇って辛かった。一番許せなかったのは心配して大丈夫?と聞いたら「ママと仲直りしたから平気!」だった。ブチギレて別れた。

 付き合っていたときに「お互いそろそろ働かなきゃね〜」と話していたし、一人暮らしして同棲したかったので、私は別れたその日初めてハローワークに行っていた。いくらクズでも好きな部分もあったので、寂しい気持ちを全力で就活してごまかした。正社員にはなれなかったけど、なんとかパートとして働き始めることができた。働くのなんて二年ぶりくらいだった。

 そして正月に高校の同窓会に誘われた。話すネタ(仕事)が出来て社会のこともなんとなくわかった私は、本当に久しぶりに健常者に会うことが出来た。みんな優しく受け入れてくれた。昔に比べたら症状も良くなっていたので、辛いのを我慢してではなく純粋に楽しめた。それからはよく同級生たちと遊ぶようになって、逆にメンヘラと遊ばなくなった。私はもうそこまで死にたくないからメンヘラに「死にたいよねー」と言われても「うんそうだね〜(棒)」になってしまうのだった。あと単純に事件に巻き込まれたくない。

 健常者の友達と遊ぶようになって、みんなみたいに正社員で働きたい!キラキラしたい!という思いが強くなった。もう事件ばかり起こるどろどろした世界は嫌だ、普通の世界で生きたい、普通になりたい。そんな思いでこの一年頑張ってきた。まさにタイトルのような心境である。転職活動して12回面接で落とされて心が折れたので、妥協してまたパートで働いた。半年続いた。最初の一ヶ月は慣れない環境が苦しくて、不眠に不眠が続き、鬱状態になって電車に飛び出した。それでも頑張って続けた。

 ところが、わりと普通になったところで私が変わったと思うのは”流行の服を買えるようになる”だけだった。職歴も出来たし友達も増えた。でも私の気持ちをわくわくさせるような変化は”流行の服を変えるようになった”だけだった。無職なときは暇だったから働いたけど、働いていても退屈だった。職種柄のせいなのかもしれないが、仕事って私にとっては虚しいし退屈なのである。生活保護になってもブラック会社で働いても心の根底は変わらない気がしてしまう。何も満たされずにただ時間が過ぎて行くという点では一緒だと思う。

 服は良い。買ったばかりのかわいい服を着てお気に入りのリップをつけると、生きていることが少し楽しくなる。羽が生えたような軽い足取りで仕事に行くことができる。私の好きな服のブランドは少し高くて、無職じゃ一年に二、三着か、中古でしか買えない。安いぼろぼろの服を着てたら気分も沈む。そして流行の服を身につけていると、私は普通の人と同じ時の流れの中にいるんだ、引きこもって時が止まってた時とは違うんだ、と心底安心するのである。だから、私は来年も流行の服を買うためだけに働きたい。

 

 

※記事タイトルはkalafinaLacrimosa